山梨県 甲府市 英会話

甲府市 英会話 効果抜群の新リスニングプログラム

甲府市



市域は山梨県の中央を南北に三日月形に縦断しており、市街中心部は甲府盆地の中央北寄りに位置する。山梨県は首都圏整備法上の首都圏に属する県であり、その位置関係から東の関東地方への志向性が強い。

2000年(平成12年)11月1日に特例市に指定された。近年では、宝石研磨産業が盛んである。

甲府という名称は、1519年(永正16年)に武田信虎が居館を石和(現在の笛吹市石和町)、次いで川田(現在の甲府市川田町)から躑躅ヶ崎館(現在の武田神社・甲府市古府中町)へ移した際に、甲斐国の府中という意味から甲府と命名したことに始まる。戦国時代には大名領国を形成した武田氏の本拠地となり、武田氏滅亡後は徳川氏や豊臣系大名浅野氏の甲斐国経営の中心となり、国中地域や甲斐国の政治的中心地と位置付けられる。江戸時代には江戸の西方の守りの要として重要視され、また甲州街道の宿場町としても盛えた。


甲府市 英会話

 効果抜群の新リスニングプログラム

今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」


アメリカ人が英語を聞くとき、文章を「音のかたまり」と解釈しているので流れてくる音のかたまりを聞き入れることで、その文章全体がどのような意味なのか理解することが出来ます。単語ひとつずつに焦点を置く聞き方ではないのでどのような速さで 英語が話されていても、彼らが英語を聞き取る過程にはなんの問題も生じないのです。

実際に、日本の英会話学校などで話されている英語は1分間に約90語ほどの速さであり、ネイティブスピーカーが通常話す速さは一分間で約580語ほどになりますので、 日本人が聞いている英語はとても遅いということが現状です。遅い英語は聞き取るのがとても容易でありますし、英語を十分に理解しているという気持ちになるのでそれ以上のリスニング学習は不要だと思う方もおられると思います。 しかしながら海外で日常的に話されている本物の英語、つまりネイティブスピーカーが話す英語は比べ物にならないくらい速いので遅い英語のみに耳が慣れている日本人英語学習者はその速さには到底ついていけず、英語を聞き取ることができないためにリスニングはもちろん、その速さでのスピーキング、また正確さを求められた発音の習得に苦戦されている方々が多くいるのです。

この双方の英語の聞き取り方を分析し、大きく異なる点をヒントにスコット・ペリーは日本人の英語を聞き取る姿勢を変えるため、彼だけのメソッドを確立し、5年をかけその効果を立証できた今、これまでにはなかった新たなリスニングプログラムとして皆様へご案内することができるようになりました。

『ネイティブスピード』は本来の音の形がくずれてしまった、原型をとどめない音のかたまりを聞き分けできるようにあなたの耳を鍛え上げます。

この『ネイティブスピード』は聞き始めてからすぐ効果が現れることが期待されます。スコット・ペリーはこれまでにいくつかのリスニングプログラムを開発してきましたが、この『ネイティブスピード』はその中でも一番即効性があるもののひとつです。


今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」